フード・フード&水ボウル

E2201527-13D7-4919-8AA6-DB518AB0F9BE

成長に合わせたフードを用意します。
犬を迎える時は、事前に今まで食べていたフードを確認し、準備しておきましょう。フードのお皿は浅めのものを、水のお皿はフード皿より深めのものが使いやすいです。

トイレトレー・ペットシーツ

スライド1

ペットシーツはトイレだけでなく、ハウスや食器の下に敷くなど、汚れるのを防ぐこともできます。サイズに合ったシーツを用意しましょう。
トイレトレーは、トイレのしつけや衛生面からも使いやすいのでおすすめです。縁の浅いものがおすすめです。

サークル・ベッド

スライド2

犬の大きさに合わせたハウスを用意しましょう。小さい頃からサークルに慣れさせておくと、留守番や寝る時、来客時などに安心して過ごすことができます。
ベットは体を休めるためにも必要なので用意しておきましょう。

お散歩セット

9FAE6834-D553-4E95-A62E-3F72093FC87C

お散歩を始めるまでは不要ですが、首輪やリードは散歩を始める前に慣れさせておくことが大切です。
お散歩バッグはうんちの片付けなど、マナーを守るためにも準備しておくといいです。

爪切り

724B53EF-8752-4E07-8D61-3729BFE649DB

爪が伸びると足に負担がかかったり、引っかかって怪我をしてしまう恐れもあります。爪切りは小さい頃から慣れさせることで大人になってからも切りやすくなります。定期的に行えるように爪切りを用意しましょう。

おもちゃ

3F7619C1-B531-4CCC-A21C-57631F66240A

写真に写っているコングは知育玩具と言い、中にフードを入れることで、楽しみながら脳も刺激するおもちゃです。
おもちゃは運動不足を解消したり、飼い主さんとおもちゃで遊ぶことで信頼関係も生まれます。誤飲する恐れのない、わんちゃんに合ったおもちゃを選んであげてください。

キャリーケース

スライド3

動物病院やサロンなど、場所を移動する時に必要です。普段から入ることに慣れさせておくとストレスをかけにくくできます。
サイズや目的に合ったキャリーケースを用意しましょう。

ブラッシング

スライド4

ブラッシングは抜け毛や毛玉対策だけでなく、皮膚の異常や体の異変を早く発見することにも繋がります。抜け毛やもつれにはスリッカーやブラシなど、仕上げにはコームを使ってブラッシングをしてあげてください。

デンタルケア

9CD80DE0-ABA4-4470-9894-6A7C548222D2

歯磨きは歯周病や口臭を防ぐためにも大切です。小さい頃から慣れさせておくと歯磨きがしやすくなります。
歯ブラシやガーゼ、ペーストなどのデンタルグッズを活用しながら歯磨きを日々の習慣にしましょう。