子犬を迎える当日、楽しみ80%、不安20%という飼い主さんも多いと思います。しかし不安があるのは飼い主さんだけではありません。子犬ちゃんはどこに行くのかわからない状態で新しいお家に来ます。

そのため、お家にきてしばらくの間は体調や食欲が不安定になる子とも多く、時に入院が必要なほど体調を崩してしまうこともあります。そうならないためにも、子犬にストレスをできるだけ感じさせないように迎える方法を知っておいてください。

環境変化を最小限にする工夫を

子犬を迎える際の基本的な考え方は、環境の変化を最小限にすることです。そのために出来ることは以下の通りです。

ニオイのついたものをもらってくる

犬は五感(視覚・嗅覚・聴覚・味覚・触覚)のうち、嗅覚による情報を非常に重視する動物です。そのため、ニオイによって環境を把握することが多くなります。

環境の変化とともに周りの匂いが急に変わってしまうと、犬のストレスは非常に強くなります。使っていたタオルなど、ニオイのついているものをもらってくるといいでしょう。もし、飼うことを決めてから時間ばある場合は、事前に自分で用意したタオルなどを使っておいてもらうと、ニオイのついたタオルをそのまま持って帰ってこれるのでおすすめですよ。

フードやおやつも同じものを

子犬を迎える場合、子犬用のドッグフードやおやつを与えるのはもちろんですが、できる限り今まで食べていたものと同じものを与えるようにしてください。

犬は基本的に同じものを食べ続けているため、急にフードの種類を変えるとお腹を壊してしまうことがあります。違うものは食べないという子もいますし、フードをころころ変えるのも将来のことを考えると良くないです。

生活環境だけでなく、フードも変えないようにしておきましょう。

しつけなどは無理しない

できるだけ子犬のうちにしつけをしておくことは大切ですが、それよりも家に慣れることが大切です。

特に家に来た初日に色々覚えさせるのは、子犬の能力を越えてしまいますし、ストレスになりかねません。初日はとにかくお家に慣れてもらうことを優先してください。

調子が良さそうであれば2日目から無理ない程度に少しずつトイレのしつけなどを行っていきましょう。お家に来てから1週間くらいは、しつけよりも家に慣れることが大切です。

休む時間をしっかりとる

多くの子犬ちゃんは、お家にきてちょっとすると、すぐに元気に走り回ることも多いです。

ただし、それでも環境変化に適応するために子犬なりに気を使っています。実際に、お家に来たときは元気だったのに、次の日には元気も食欲も落ちてしまうということも多いです。

もちろん楽しく遊んでもらうことは大切ですが、子犬が休める時間を作ってあげることが、お家に着た後に体調を崩すのを予防するためには大切です。30分~1時間くらい遊んだらしばらくハウスで休めるようにしてあげましょう。少なくとも、2か月齢位の子犬であれば、遊ぶ時間より寝る時間を長く取れるようにしましょう。