寒さに強い犬・弱い犬は何が違う?

今年は寒い日が続きますね。インフルエンザも流行っているようですが、みなさん体調崩しておられませんでしょうか?ちなみに人のインフルエンザは動物にはうつりませんので、その点は安心してください。

さて、一般的に犬は寒さに強く、猫は寒さに弱いと言われております。ただし、犬が一概に寒さに強いというわけではありません。今回は、寒さに強い犬と弱い犬で何が違うのかをお話ししましょう。

被毛の種類

犬の毛には太く長いしっかりした上毛(オーバーコート)と、その下にある細い短い下毛(アンダーコート)があります。

オーバーコートがほとんどない犬種をシングルコート、オーバーコートがしっかりある犬種をダブルコートと言います。人で例えると、アンダーコートは体を温める下着で、オーバーコートは上着だと考えてもらってもいいでしょう。つまり、シングルコートの犬は下着のみを着ているようなものであり、寒さに弱くなります。

ダブルコートの犬のアンダーコートは、季節によってごっそり抜け替わります。つまり、抜け毛が多い犬種はダブルコートであることが多いです。シングルコートでもオーバーコートは多少あるため、シングルコートとダブルコートを明確に線引きすることはできませんが、一般的には以下のように分けられます。

シングルコートの犬

プードル、シーズー、ヨークシャーテリア、パピヨン、グレーハウンド、マルチーズ、グレートデーン、ミニチュアピンシャーなど

ダブルコートの犬

ミニチュアダックスフント、柴犬、秋田犬、レトリーバー(ゴールデン、ラブラドール)、コーギー、ポメラニアン、シベリアンハスキー、シェルティー、ミニチュアシュナウザー、スピッツ、ジャックラッセルテリアなど
ちなみに、チワワはシングルコートとダブルコートの2種類がいると言われています(ロングコートチワワはダブルコートであることが多いようです)

体の大きさ

一般的に体が大きい犬ほど寒さに強いです。これは体の大きさに占める体表面積の割合が小さいからです。

わかりやすく言うと、大型犬は体の大きさの割に空気に触れる面積が少ないため、熱が逃げにくいということです。コップのお湯とお風呂に貼ったお湯では、コップの水の方が冷めやすいと同じですね。

体重2㎏の犬の体表面積が0.16㎡なのに対し、40㎏の犬は1.18㎡となり、体重は20倍も違うのに体表面積に換算すると10倍も違わないのです。体が大きければ大きいほど熱は逃げにくくなります。そのため、大型犬や太っている犬では寒さに強く、小型犬ややさせている犬では寒さに弱くなります。夏の暑さへの強さはこの逆となり、大型犬や太っている犬では暑さに弱く熱中症のリスクが高いということになるんですね。

年齢

一般的に成犬は寒さに比較的強く、幼齢犬や高齢犬は寒さに弱くなります。その理由は以下の二つです。

基礎代謝

人でも犬でも生き物はすべて基礎代謝というエネルギー消費があります。例え安静にしていたり、寝ていたりしても内臓がエネルギーを常に使って働いているため、基礎代謝が発生します。

この基礎代謝の量は同じ体重であれば、年齢によって大きく変わってきます。幼齢犬では基礎代謝が非常に高く、年齢を重ねるごとに基礎代謝は落ちてきます。基礎代謝の面から考えると年を取ればとるほど寒さに弱くなります。

熱の産生能力

動物は、寒い場所では脂肪を分解したり、筋肉を震わせるなどの体温をあげるための機能を備えています。つまり、脂肪や筋肉の量が多いと寒さに強くなります。成犬に比べると幼齢犬は体脂肪が非常に少なく、筋肉量も十分ではありません。高齢犬も筋肉量は落ちてきます。そのため、熱の産生能力を考えたときには幼齢犬<高齢犬<成犬の順で寒さに強いということが言えます。子犬は暖かい場所にいてもらわないといけないというのにはこのような理由があるのですね。

健康状態

健康状態も寒さへの耐性に大きく影響します。健康な犬は環境の温度が低くても必要な熱を産生するための予備能力があるため、病気の犬に比べて寒さに強くなります。また、病気の中でも、特に以下の病気があると寒さに弱くなります。

  • 甲状腺機能低下症:代謝量が極端に低くなるため、寒さに弱くなります。
  • 副腎皮質機能低下症:体がストレスに耐えるために出す「ステロイドホルモン」が減少するため寒さに弱くなります。
  • 食欲不振や体重減少を起こす病気全般

まとめ

以上をまとめると以下のようになります。

寒さに強い 寒さに弱い
毛の種類 ダブルコート シングルコート
体の大きさ 大型犬 小型犬
年齢 成犬 幼齢犬・高齢犬
体調 健康 病気

健康でダブルコートの大型犬の成犬がもっとも寒さに強いということになりますね。例えばシベリアンハスキーや秋田犬などがそれにあたりますが、かなり寒い地域で生活することが可能です。一方で、シングルコートの小型犬、トイプードルやマルチーズなどは寒さに非常に弱く、特に幼齢犬や高齢犬、病気を持っている場合には寒さに要注意です。

基本的にはどの犬でも、人が快適に生活できるような温度設定にしておくことをおすすめしますが、寒さに強い犬、弱い犬を知っておくことで、どれくらい注意が必要なのかを理解しておくことは大切です。温度管理をしっかりして、愛犬と一緒に寒い冬を乗り切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です