皮膚病の猫ちゃんの再診

先週来院された粟粒性皮膚炎(好酸球性皮膚炎)を疑うネコちゃんが再診に来てくれました。先週の記事はこちら

しっかりお薬を飲ませていただいていたようで「良くなってそう」と来院されました。そう言っていただけると期待が高まり診察に入ります。その様子がこちら。

猫 アレルギー性皮膚炎 粟粒性皮膚炎 好酸球性皮膚炎

初診時(1週間前)

本日

写真だと少しわかりづらいかもしれませんが、かさぶたがずいぶん少なくなり、毛の生えている部分が増えてきています。1週間でここまでよくなっているのであれば薬の効果がありとの判断になります。少し薬を減量して、しばらく続けて飲んでいただくことになりました。

この病気は再発しやすく、よくなっているからと薬を切るとまた元通りになってしまいます。薬を漸減しながら、ゆっくり切っていくことが大切です。

こういった皮膚病を含め、病気の治療には飼い主さんの協力が欠かせません。チャコさんの飼い主さんのように投薬量や投薬日数はしっかり守ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です