夜間救急を思い出す日曜午後

本日午後は、異物の誤食、血尿、熱中症と夜間救急動物病院で働いていた時のような診察内容が続きました。

猫の血尿。犬や猫は膀胱炎を起こしやすく、人に比べて血尿を出すことも多いです。

人の薬の誤食の犬を催吐させたところ。犬は動物病院で9割以上催吐が成功します。

日曜午後は岐阜県で診察している動物病院が少ないため、緊急のペットが来院するケースが増えてきました。幸い、本日はみんな入院することなく、無事に帰宅させることができました。本日は一宮からも来院され感謝していただき、日曜午後に病院を開けておいてよかったと思える日になりました。

今後も可能な限り救急対応できる体制を整えていきますので、日曜午後に限らず何か体調変化があった場合にはお電話くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です