柴犬病院?

お友達アルバムを作りながら、ふと「柴犬が多いかも」と感じたので、実際にカルテのデータを見てチェックみました。そうすると、すでに柴犬ちゃんが7頭も!現在のところ、当院で診察をさせていたただいたペットの数は約70頭であり、そのうち1割が柴犬さんという驚異的な柴犬率です。今回は当院になぜか多い柴犬さんについて記事にしてみたいと思います。

柴犬の登録数は第5位

JKC(ジャパンケンネルクラブ)の発表によりますと、2017年の柴犬の登録数は1万1829頭で第5位。この数はあくまでJKCの登録数であり、30万頭の登録(ペットフード協会の発表によると日本の犬の飼育頭数は約900万頭)の中の1万1829頭ですので、実際には日本にはもっとたくさんの柴犬がいる計算になります。純血種の中の割合としては柴犬は3%程度を占めているようです。

その他の登録頭数上位の犬種を見てみるとプードル・チワワ・ダックスフント・ポメラニアン・・・と小型犬が並びます。そんな中で、柴犬は、中型以上の犬種で唯一10位以内に堂々ランクインしています。

柴犬は飼いやすい?

インターネットには柴犬に関するさまざまな記事が載っていますが、「柴犬は飼いやすい」というのは本当なのでしょうか?

間違ってはいないが・・・

柴犬は飼いやすい側面があるのは事実です。元気で愛嬌もあり、小型犬に比べると体が強く小さいお子さんが多少乱暴に扱ってもけがなどしにくいです。また、家族に従順でしつけもしやすいというのも柴犬を飼いやすい点になります。

怖がりな子もいる

とっても元気なイメージのある柴犬さんですが、実は繊細で怖がりな子も多いです。最近ではかなりフレンドリーな子が増えましたが、もともと番犬として飼われていたわんちゃんです。他人への警戒心やそれに伴う攻撃性が出てしまうこともあります。日本犬全般に言えることですが、柴犬は他の洋犬に比べると警戒心が強くなりがちです。

体の小さい小型犬の場合には、多少攻撃性があっても飼い主さんの制御で何とかなることが多いですが、力の強い柴犬の場合には、飼い主さんでも制御できないということも多々あります。柴犬の性格には非常に個体差が大きく、性格形成のための幼犬時代からの社会化は非常に重要だと考えます。柴犬をうまく社会化できないと、時に一緒に生活することも困難になってしまうこともあります。

柴犬を飼うのにあった人(家族)とは

私なりに、柴犬を飼うのに適した人を考えてみました。

子どものいる家族

子どもの友達にするには、柴犬はおすすめの犬種です。小さなお子様とともに成長するにも、小学生~中学生のお子さんにも合う犬種です。わんちゃんを飼うことで、命の大切さや責任感を養えるだけでなく、柴犬の場合には散歩に一緒に行って外で一緒に遊ぶこともたくさんできます。

一人暮らしでは、忙しくて柴犬の運動量を満足させてあげられなかったり、1人の飼い主さんしか知らないために社会化不足の不安がありますが、家族で飼うことでそういった心配をしなくて済みます。柴犬は子どものいる家庭に非常に向いている犬種だと感じます。

子育てが終わった・お子さんのいないご夫婦

子どもが社会人になり、子育てが終わったご夫婦にも柴犬はおすすめです。中高年のご夫婦でとっても素直で人懐こい柴犬ちゃんを飼われている飼い主さんが多いイメージがあります。

小型犬に比べ活発にお散歩などをする柴犬を飼うことで、飼い主さんの運動量が増え、飼い主さんの健康にもつながります。また、柴犬は表情豊かな犬種ですので、わんちゃんの話題でご夫婦の会話が増えるということも多いようです。ご夫婦でお子さんのように柴犬を飼うのもおすすめです。

リーダーシップのある方

柴犬は非常に飼い主さんに忠実な犬種です。飼い主さんを自分のリーダーとみなし、その人の指示に従うことを喜びに感じます。逆にリーダーが指示をしてくれないと不安になって問題行動を起こしてしまうことがあります。

柴犬を飼う飼い主さんには、甘やかしすぎずしっかりとリーダーシップを持ってわんちゃんを引っ張っていけるタイプの人が向いています。

うまく飼えば家族みんなが幸せに

どの犬種にも言えることでありますが、特に柴犬は飼う人や環境を選ぶ犬種です。うまく飼うことができればとっても楽しい幸せな生活ができますが、条件に合わない人が飼ったり、間違った飼い方をしてしまうと、飼い主さんがわんちゃんをコントロールできなくなり、家族もわんちゃんも不幸になってしまうことがあります。

柴犬の場合には

  • 小さいころからの社会化
  • ちゃんとしたリーダーシップ
  • 十分な運動量

を与えてあげることが大切です。

ひとえに犬と言っても、犬種によって性格や理想的な生活環境は大きく変わります。自分に合う犬種を選べるようにしてくださいね。アイビーペットクリニックでは、わんちゃんの飼い方相談も受け付けておりますので、わんちゃんを飼おうと思っている方はお気軽にご相談くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です