精巣腫瘍摘出術~陰睾のわんちゃんは要チェック

避妊手術・去勢手術で予防できる病気、後編は精巣腫瘍摘出術です。

精巣腫瘍はどのわんちゃんにも発生しますが、特に睾丸が陰嚢内に降りてきていない「陰睾(いんこう)」の犬に非常に多く発生します(猫の睾丸腫瘍の発生率は低いです)。今回は、皮下陰睾のチワワちゃんに発生した精巣腫瘍の摘出術についてお話しします。

去勢手術希望で来院した10歳のチワワちゃん

今回ご紹介するのは、チワワの元気君(仮名)10歳です。

10歳で去勢手術を希望する理由

去勢手術をご希望で来院するわんちゃん猫ちゃんはとっても多いですが、通常1歳未満の若いわんちゃん猫ちゃんです。10歳で去勢手術希望という場合には、通常何かしら事情がありますので、飼い主さんにその理由を聞いてみると

「皮膚の下にある睾丸が大きくなってきた」

との返答が返ってきました。

皮下陰睾が倍以上の大きさに

元気君は当院で初診でしたので、まずは大きくなってきたという睾丸を見てみます。

すると、ペニスの横にあった皮下陰睾が大きく腫れています。

元気くんを仰向けにした写真。陰嚢内(黒丸)には左の睾丸のみがあり、ペニスの横の皮下(赤丸)にある右睾丸が大きく腫れている。

触診からは皮下陰睾が腫瘍化した可能性が高いと判断しました。

精巣腫瘍は悪性良性どちらもありますが、摘出してしまえば完治できる可能性も高く、飼い主さんの希望も摘出手術であったため、手術を前提で話を進めていくことになりました。

手術のための術前検査

手術の予定を立てる前にまずは手術の前の術前検査を行います。

術前検査の目的

腫瘍の手術をするための術前検査は以下のような目的で行います。

  • 全身麻酔のリスクの把握
    手術には全身麻酔が必要になります。全身麻酔にはさまざまなリスクがありますが、事前に検査を行っておくことで、どのようなリスクがあるのか、さらには事前にどのような対策がとれるのかを調べることができます。
  • 転移の有無の評価
    腫瘍の手術をするときには、すでに転移があるかどうかを確認しておく必要があります。もし転移が見つかった場合には、手術をしても意味がないこともありますし、場合によっては他の治療法に切り替える必要があります。
    細胞レベルでの転移はどのような検査を行っても事前に把握することはできませんが、検査でわかる転移の有無を調べておくことは、無駄な手術や治療法の選択ミスを防ぐためにも大切です。

術前検査の種類

今回、元気くんの術前検査は、血液検査とレントゲン検査を行うことにしました。

  • 血液検査
    全身状態を把握し、麻酔のリスクを知るために必須の検査です。特に精巣腫瘍が疑われる場合、腫瘍から出るホルモンによって貧血や血小板減少症など麻酔や手術のリスクを大きく高めてしまう状態になってしまうこともあり、術前の血液検査は重要です。もちろん10歳の犬なので、肝臓や腎臓などが年齢とともに弱っている可能性もあります。
  • レントゲン検査
    腫瘍は悪性のものであれば肺やリンパ節へ転移することがあります。精巣の腫瘍は肺や腰下リンパ節への転移が多いとされているため、胸とお腹のレントゲン写真を撮りました。
    また、高齢であるため腫瘍とは関係なく心臓や肺、気管などに異常が認められるケースもあります。元気くんは胸の聴診では大きな異常はありませんでしたが、レントゲンを撮ることで聴診ではわからない異常が見つかることがあります。

その他、超音波検査で転移を調べることもありますが、今回は血液検査とレントゲン検査による術前検査を実施しました。

元気くんの術前検査の結果

元気くんは、術前検査の結果、血液検査では大きな異常は認められませんでした。ただし、レントゲン検査ではやや気管が細く、軽度の気管虚脱が疑われました。

また、元気くんには身体検査で見つかった問題が一つあります。それが「肥満」です。肥満の動物では

  • 脂肪に麻酔が分布することによって麻酔が不安定になったり、覚めが悪くなることがある
  • 麻酔覚醒時に呼吸困難を起こすことがある
  • 手術時に出血が多くなることがある

などのリスクがあります。これらのリスクをお話ししたうえで、手術の予約を取りました。

精巣腫瘍摘出術

術前準備

元気くんの手術にはいくつかのリスクがあります。そのリスクを減らすために、お預かりしてから手術前にいくつかの準備をしました。

術前の点滴

術前に点滴を流しておくことで、循環をしっかり確保し、麻酔をかけたときに血圧が下がり過ぎたり、腎臓など重要な臓器の血流が低下してしまうのを防ぐことができます。若い動物では必ずしも必要ではありませんが、何らかの病気を抱えている動物や高齢動物では手術前に点滴をしておくことは大切です。

酸素化

元気くんは肥満・高齢・短頭種・気管虚脱といった呼吸器系のリスクが高くなる条件を備えています。手術中には気管チューブを挿管して酸素を直接肺に入れますが、気管チューブを入れる前に酸欠を起こしてしまうこともあります。そう言ったリスクを減らすために術前に酸素室に入ってもらい、体に十分な酸素を流しておきます。

精巣腫瘍摘出術

準備のおかげか、麻酔導入はスムーズに行き、心拍や酸素濃度、二酸化炭素濃度などが問題ないことを確認し、手術に入ります。

巨大化した精巣の上の皮膚を切開し、腫瘍化した精巣を取り出そうとしましたが、周囲の皮下脂肪に埋もれ、さらにはその脂肪と癒着が強く、予想したよりも時間がかかりました。皮下脂肪からのじわじわした出血もやはり多かったですが、無事に精巣腫瘍を切除することができました。もう一方の精巣も腫瘍化することが多いため、同時に切除を行い手術を終了としました。

摘出した精巣がこちらです。

摘出した精巣。左が腫瘍化した精巣。右はやや萎縮したもう一方の精巣。腫瘍化した精巣は正常の倍以上に巨大化し、癒着した脂肪もついています。

腫瘍を切除した場合には、通常病理検査に出してその腫瘍の種類や悪性度、さらにはマージンの確認(取り切れているか)や脈管浸潤の有無(転移の可能性)などを調べます。今回は、結果を知るのが怖く、悪い結果があってもそれ以上の希望は望まないという飼い主さんの希望もあり、病理検査には出しませんでした。

術後の状態は良好

皮膚を縫合し、麻酔を切って手術は終了です。ただし、それで安心するわけにはいきません。健康な動物でも麻酔の覚め際での事故のリスクはありますが、元気くんの場合には特に術後の呼吸困難などのリスクが高いです。

慎重に麻酔が覚めてきているのを確認し、気管チューブを抜いてすぐに酸素室に入れました。幸い、術後に呼吸困難や酸欠を起こすこともなく、順調に目覚めてくれました。

傷をあまり気にするタイプではなかったため、元気くんにはパンツを作って傷口を保護することにしました。

手術後の元気くん。術後の経過は良好です。

作ったパンツは脱げてしまったとのことでしたが、術後の経過は良好で、今週中に抜糸予定です。

まとめ

メリーちゃんの卵巣腫瘍、元気くんの精巣腫瘍はどちらも避妊手術や去勢手術をしていれば予防できた病気です。幸い2頭とも切除手術が無事成功し、現在は元気に過ごしていますが、悪性の腫瘍の転移や卵巣腫瘍に伴う子宮蓄膿症で命を落とす犬や猫もいます。

避妊手術や去勢手術は全身麻酔が必要で、手術のリスクはゼロではありません。ただし、手術をしていないことのリスクは、若いころに手術をすることのリスクに比べると非常に大きく、「若いころに手術をしておけば・・・」となってしまう飼い主さんも多いです。

子どもを産ませる予定のない場合には、1歳までに避妊手術や去勢手術をしてもらうことを強くおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です