冬場に多い赤い尿~ペットの血尿を見つけたら~

ここ最近、血尿が出たと言うわんちゃん猫ちゃんの診察が続いています。今回は、血尿を起こす病気やその診断・治療法、さらには予防法まで簡単にお話ししようと思います。

特にオス猫ちゃんでは血尿がかなり危険な病気のサインであることもありますので、注意点などしっかり理解しておいてくださいね!

猫の血尿。軽度の血尿では、比較的正常に近い色の尿に薄い血が混じることが多い

血尿の原因となる病気

赤い尿が出る場合には、本当の意味の血尿(尿の中への出血)と、血色素尿(ヘモグロビンの尿中への混入)の2種類があります。

血尿を起こす病気

尿の中への出血である血尿を起こす病気は以下の通りです。

  • 膀胱の病気:膀胱炎・膀胱結石・膀胱腫瘍
  • 腎臓の病気:糸球体腎炎など
  • 膣・子宮の病気:子宮蓄膿症・膣炎・膣および子宮腫瘍(厳密には血尿ではありませんが、血尿の陽に陰部から血が出ます)
  • 前立腺の病気:前立腺炎・前立腺がんなど
  • 出血が止まらない病気:殺鼠剤中毒・血小板減少症など

血色素尿を起こす病気

血色素尿は、赤血球が壊れて出てくる血色素(ヘモグロビン)によって、血尿のように赤い尿が出る状態です。見た目は血尿と変わりません。

  • 玉ねぎ中毒
  • 自己免疫性溶血性貧血(IMHA)
  • バベシア症
  • ヘモプラズマ症など

犬や猫の血尿の原因の多くは膀胱炎や膀胱結石

以上のように様々な原因が考えられる血尿ですが、犬や猫で血尿が出る場合にはそのほとんどが膀胱炎や膀胱結石です。

危険な血尿のサインを見極める

では、ペットが血尿した場合、すぐにでも病院に行くべきなのか、翌日でも大丈夫そうなのか、お家でできる見極め方についてお話いたします。

1.貧血がありそうか

溶血や出血が止まらない病気があると、血尿に伴って貧血が出て来ることがあります。貧血は命に係わる危険な状態であり、貧血がありそうな場合には緊急で動物病院を受診する必要が出てきます。貧血があるかどうかは、以下のチェックポイントを見てみましょう。

□ 歯茎や舌の色がいつもより薄い(白い)

□ 息がいつもより早い

□ ご飯の食べがいつもより遅い

□ 散歩の勢いがいつもより弱い

特に上2つのチェックポイントに当てはまる場合には、貧血の可能性が高く緊急性も高くなります。

2.尿動閉塞がありそうか?

膀胱炎や膀胱結石による血尿で怖いのは、尿道閉塞です。特に多いのはオス猫ですが、ペニスに小さな石や炎症産物が詰まってしまい、膀胱から尿が出なくなってしまうことが多いです。オス犬でも時々結石による尿道閉塞が出ることがあったり、メスの犬や猫でも膣の腫瘍などにより尿路閉塞が起こることがあります。

尿道閉塞が起こると、腎臓から排泄するべき老廃物が体の中に溜まってしまい、尿毒症に陥ってしまうことがあります。尿道閉塞があると丸1日で危険な状態になることも少なくないため、緊急的な処置が必要となります。尿道閉塞のチェックポイントは以下の通りです。

□ トイレに行っても尿が全く出ない、もしくは真っ赤な血が数滴出るだけ

□ 横になっている状態で血尿が漏れてくる

□ お腹を触ると嫌がる

□ 下腹部に硬いもの(パンパンになった膀胱)が触れる

□ 陰部をしきりに舐める

□ 嘔吐がある

3.全身状態の悪化がありそうか?

腎盂腎炎や子宮蓄膿症では、重症になると一刻を争うことがあります。以下のような全身状態の悪化のサインがないかどうかも重要なチェックポイントとなります。

□ 体が熱くないか

□ 嘔吐や食欲不振がないか

□ 息が荒くないか

血尿の検査

血尿の症状がある場合、よく行う検査は尿検査と超音波検査です。

尿検査

尿検査では、以下のようなことが分かります。

  • 血尿なのか、血色素尿なのか
  • 結石の成分(結晶)が出ていないか
  • 細菌は出ていないか
  • 腎臓の機能(尿の濃縮能)はしっかりしているか
  • 腎臓のダメージ(尿円柱の存在)はないか
  • 腫瘍を疑わせる細胞は出ていないか

超音波(エコー)検査

腹部の超音波検査では、主に以下のようなことが分かります。

  • 膀胱粘膜の状態
  • 膀胱結石の有無
  • 膀胱腫瘍の疑い
  • 腎臓の異常

血尿の治療法

血尿の治療法は、原因となっている病気によって大きく違ってきます。今回は、血尿の代表的な病気、膀胱炎と膀胱結石、それから大変危険な尿路閉塞の治療法についてお話いたします。

膀胱炎の治療法

尿検査や超音波検査で膀胱炎と診断された場合には、以下のような治療法が一般的になります。

  • 細菌感染に対する抗菌薬
  • 炎症を抑えるための消炎剤

注射や内服によってこれらの薬を使って行きます。通常数日で症状の改善が認められ、2,3週間で治療をすることが多いです。

治療への反応が鈍い場合や、すぐに再発してしまう場合には、薬の種類の変更や、更なる精査を行うことがあります。

膀胱結石の治療法

膀胱結石の治療法は大きく、内科治療と外科治療に分かれます。

内科治療

膀胱結石の内科治療は、フードや薬による結石の溶解療法です。

結石の種類や大きさによっては、食餌の種類を変えることで溶けて消える結石もあります。石が小さい場合や溶ける可能性が高い場合には、まずは膀胱結石溶解用のフードを使い、石が溶けるのを待つことが多いです。

外科治療

実際に手術で摘出した膀胱結石。

結石が大きい場合や、内科治療でも溶けない場合には、外科治療を選択します。外科治療では、手術によって膀胱内の結石を摘出します。膀胱結石の摘出後、その結石を検査センターに送り、結石ができにくい食餌療法を行っていきます。

膀胱結石が一度できた犬や猫は、体質的に結石ができやすいので、手術後に予防的に結石用フードに変更することが必要になります。

尿道閉塞の治療法

単純な膀胱炎や膀胱結石と違い、緊急的な治療が必要になるのが尿道閉塞です。

すぐにやるべき閉塞解除

尿道閉塞が起こると、尿が膀胱に貯留し続け、尿中の老廃物が全身に溜まってしまう尿毒症が起こります。一般的には、尿が丸1日以上出ていないと尿毒症から命の危険が出てくる可能性が高くなります。

そこで、その危険な状態から脱するためには、閉塞を解除し、膀胱から尿を出してあげる必要があります。それが尿閉解除の処置です。

尿閉解除には通常ペニスの先からカテーテルを入れ、尿道を閉塞している栓子(せんし:小さな結石や膀胱粘膜などが固まったもの)を膀胱内に押し戻します。そうすることで、尿道のつまりが取れて尿が出るようになります。

実際に当院で尿道閉塞を解除したところ(鎮静処置をしています)。100mlくらいの血尿が採取されました。

閉塞解除には痛みを伴うため、通常鎮静・麻酔薬を使って処置を行います。9割以上の猫では閉塞を解除することができますが、尿道が炎症で細くなりすぎていたり、結石が尿道にはまり込んで閉塞を解除できないこともあります。その場合には、緊急的な手術が必要になることもあります。

必要に応じて膀胱洗浄、尿道カテーテルの留置

尿道閉塞が解除できたら、必要に応じて生理食塩水を用いた膀胱洗浄を行ったり、膀胱や尿道を休めるために尿道カテーテルを留置することがあります。

膀胱内に小さな砂が大量にある場合には膀胱洗浄をすることでその砂が詰まりにくくできる可能性があります。また、再度閉塞をしてしまったり、膀胱アトニー(膀胱麻痺)の可能性が高い場合には、しばらく尿道カテーテルを留置して入院する必要があります。

膀胱炎や腎不全の治療

尿路閉塞を解除したら、その原因となる膀胱炎の治療のため、抗生物質や消炎剤などを投与します。

もし腎臓の数値が上がってしまっている場合には、皮下点滴や静脈点滴などの腎不全の治療も同時に行っていきます。

腎臓の数値が高い場合には数日間入院が必要になることが多いです。

膀胱炎/膀胱結石/尿道閉塞の予防法

膀胱炎や膀胱結石、尿道閉塞はその原因を予防することが大切です。

1.定期的な尿検査をしよう

膀胱炎や膀胱結石の早期発見には、定期的な尿検査が有効です。健康な子でも1年に1度、膀胱結石や膀胱炎の経歴のある動物の場合には3か月~半年に1度の尿の定期検診をおすすめします。

また、膀胱炎や血尿を繰り返す場合には、超音波検査で結石の有無を確認することも有効です。

2.フードに気を付けよう

膀胱結石の原因は体質と食餌です。結石ができやすいわんちゃん猫ちゃんは結石用のフードを食べることはもちろんのこと、結石ができやすい成分を含むおやつなどは控えるようにしましょう。結石の種類によって気を付けるものは変わってきますので、食べてよい物悪い物についてはお気軽にご相談ください。

3.水分を多く取ろう

水分を多くとると、尿の量も多くなります。

尿の量が多くなれば、膀胱を洗い流すことができ、炎症や感染などが収まりやすくなります。また、水分をたくさんとることで、尿が薄めになりますので、結石の成分である結晶が溶けやすくなります。

できるだけ水分を多くとってもらうためには、

  • ウェットフードを与える
  • ドライフードをふやかして与える
  • 水が飲める場所を複数準備しておく
  • ペット用自動給水機を使う(猫は流れる水が好きです)
  • 特に冬場はぬるま湯を準備しておく

と言ったことが大切です。また、ミネラルウォーターや井戸水などはミネラルが多すぎるせいで結石の原因となることがあるので、普通の水道水を使うようにしてください(浄水器は使っても問題ないです)。

4.ストレスを減らそう

犬もそうですが、特に猫ではストレス性の膀胱炎が非常に多いと言われています。

できるだけストレスのかからない生活をさせてあげるのも、膀胱炎や尿路閉塞の予防のためには大切です。

  • 散歩の時間を増やす
  • 一緒に遊べる時間を増やす
  • プライベートスペースを作ってあげる
  • 猫はキャットタワーなど上下運動ができる場所を作ってあげる
  • 猫ではフェリウェイスプレーや拡散器などを付けておく(特に多頭飼いの場合)

などといった対策が有効です。

冬場は泌尿器疾患に要注意

水分摂取量が減り、寒くてトイレを我慢する冬には、人だけでなく犬や猫にも膀胱炎が増えてきます。

膀胱炎や膀胱結石、さらには命の危険のある尿道閉塞は、愛犬・愛猫の状態をしっかり知って日ごろから予防をしておくことが大切です。そのためには定期的な検診と、家でのケア(食事や飲み水のケア、尿のチェック)などの必要性は非常に高いです。

気になることがあれば、まずは検診にお越しくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です