涙やけってどうしたらいいの?涙や毛の原因と鼻涙管洗浄について

犬の涙やけはご存知でしょうか?特に小型犬に多い症状の一つで、眼がしらの部分が茶色く色づいた状態を涙やけと呼ぶことが多いです。

涙やけはいくつかの原因の結果、涙があふれる量が増え、そこに細菌が繁殖することで起こります。今回は、診察の際によく相談されることの多い、涙やけについてお話いたします。

涙やけの正体は涙+細菌

涙やけを持つ犬では、目頭の内側が常に濡れ、その部位の毛が茶色く着色します。この変色の原因はポルフィリンと呼ばれる物質です。

涙や唾液に含まれるポルフィリン

犬の涙や唾液にはポルフィリンが含まれます。

ポルフィリンは、赤血球が壊れたときに出てくる鉄などが原料となる老廃物で、尿や糞便だけでなく、犬の涙や唾液からも排泄されます。

ポルフィリンが変化して毛を着色

この涙に含まれるポルフィリンは透明であるため、涙には色が付いていません。

涙が目の外に出て、毛に付いたまま時間がたつと、細菌感染や酸化などによってポルフィリンが変色し、茶色く変化します。これが涙やけの原因となるのです。

つまり、涙やけの原因物質はポルフィリンであり、その要因となるのは「涙があふれる」+「細菌感染」「酸化」ということになります。このどこかを改善することで涙やけは良くなる可能性が高いです。

涙やけを放置するデメリット

涙やけは命に係わる病気ではありませんが、いくつかのデメリットがあります。

皮膚炎を起こす

先ほど解説した通り、涙やけがあるということは、涙が目からあふれているということです。

つまり、常に涙が目頭に付いた状態となるため、目頭の皮膚は湿って蒸れた状態が続き、そこに細菌などが感染する湿性皮膚炎(湿性皮膚炎)を引き起こします。人で言えば髪の毛が常に濡れた状態となり、丸1日頭皮が蒸れるのが続く状態と考えるとわかりやすいかもしれません。衛生的に良くないのは理解していただけると思います。

細菌感染などによる湿性皮膚炎が起こると、犬には目の周りの痒みや赤みなどの症状が出てきます。

目の病気のリスクの増加

目の周りの皮膚の衛生状態が悪くなり、細菌感染を起こすと、角膜炎や結膜炎などの目の感染症のリスクが高くなります。

また、目の周りの皮膚炎により痒みが出ると、前足で目をこすったり、顔を床にこすりつけたりし、眼球に傷つけてしまうこともあります。

見た目の問題

特に白い毛のマルチーズやトイプードルなどでは、涙やけは非常に目立ちます。ちょっと悲しそうな表情に見えてしまうこともあり、気になる飼い主さんも多いようです。

涙やけの原因

涙やけにはいくつかの原因があります。

涙の量が増える

涙があふれる要因の一つが涙の量が増えることです。

  • 眼球の刺激:逆まつげ、眼瞼内反症、異物の混入、角膜潰瘍など
  • 眼球の感染:角膜炎、結膜炎など

涙が鼻に抜けない

小型犬の涙が多くなる最も多い原因は、涙が鼻に抜けないことにあります。

犬にも人にも、涙が鼻に抜けるための「鼻涙管(びるいかん)」と呼ばれる管が存在します。皆さんも泣いたときに鼻水が増えたという経験をしたことがあると思いますが、これは鼻水ではなく、涙が鼻涙管を通って鼻から出てきているものです。

何らかの原因で鼻涙管から涙が抜けないと、涙の量が正常でも涙があふれる量が多くなり、涙やけが起こります。その原因は以下の通りです。

  • 鼻涙管閉塞:炎症によるつまり、先天的な狭窄など
  • 涙点の異常:欠損、位置の異常など

細菌感染

目の周りの細菌感染があると、涙があふれる量が少なくても、少量の涙が原因となり涙やけを起こす可能性があります。

涙やけの治療

涙やけの治療はその原因によってさまざまになりますが、よく行われる治療は以下の通りです。

点眼薬

抗炎症薬や抗菌薬の目薬や、炎症や感染を抑えて涙の量を減らすことができる可能性があり、動物病院でよく処方される目薬の一つです。

また、当院では涙やけの治療として「ワンクリーン」という目薬を処方することもあります。ワンクリーンはホウ酸を含む動物用目薬で、抗菌作用などを期待して使う目薬です。ワンクリーンは点眼することもできますが、どちらかと言えば目の周りをきれいに拭くために用いて欲しい目薬です。眼に入っても危なくないため、ホウ酸で毎日目の下を安心して拭くことができます。時間はかかりますが、ワンクリーンで涙やけがきれいになったわんちゃんも少なくないです。

目の異常の治療

涙が多くなる原因がある場合には、逆まつげ抜きや手術などによりその原因を治療することで、涙やけを改善することもできます。

また、鼻涙管閉塞が疑われる場合には(鼻涙管閉塞の有無は動物病院で簡単に検査することが可能です)、以下にご紹介する「鼻涙管洗浄」という治療法が有効です。

サプリメント・食事変更

涙やけの要因の一つに、炎症産物が鼻涙管に詰まるという現象があります。

そのため、老廃物を作りにくくするような抗酸化作用のあるサプリメントや、老廃物の原因となる添加物が少ないフードを与えることで、涙やけが改善することもあります。ただし、逆まつげや眼瞼内反症、鼻涙管の完全閉塞などがある場合には、原因の治療を行わないと涙やけはよくなりません。

当院で行う鼻涙管洗浄について

先日、鼻涙管洗浄を行ったトイプードルちゃん(プーちゃん、仮名)がいたので、その処置について簡単にお話いたします。

1.鼻涙管閉塞の有無の確認

まずは、鼻涙管閉塞があるかどうかを調べます。

鼻涙管閉塞の検査は比較的単純で、フルオレセイン試験紙と呼ばれる蛍光色素を目の中に入れ、鼻から出て来るかどうかを見るという方法で行います。5分以上たっても鼻の穴から蛍光色素が出てこなければ、鼻涙管閉塞があると考えられます。

プーちゃんは左右両方ともに、蛍光色素が鼻に抜けてこなかったため、左右両側の鼻涙管閉塞と診断しました。

2.全身麻酔(鎮静でも可能)

プーちゃんは去勢手術を控えていたため、去勢手術時に一緒に鼻涙管洗浄を行うことにしました。

鼻涙管洗浄のためには、鎮静・麻酔が必要になります。避妊手術や去勢手術を行う場合には、一緒に処置を行うことが多いですが、鼻涙管洗浄単独で行う場合には、軽めの鎮静をかけて行います。

3.鼻涙管洗浄

鼻涙管洗浄に使うのは、生理食塩水と注射筒(シリンジ)、それから細いカテーテルです。カテーテルを鼻涙管の開口部である涙点に挿入して、生理食塩水を勢いよくフラッシュし、鼻涙管のつまりを取ります。

処置の様子の動画がこちらです。

動画の説明の画像も一緒に載せておきます。

このように、涙点から入れた生理食塩水がしっかり鼻の穴から出てこれば、鼻涙管洗浄は成功です。プーちゃんの場合は両側の鼻涙管閉塞でしたので、もう片方も洗浄して処置終了です。

処置が終わったら麻酔を覚まして、午後に元気に退院していきました。

涙やけが気になるならまずご相談を

涙やけは小型犬に多い症状です。

命に直結する病気ではないですので、毎日何度か目頭の皮膚をきれいにしておくことで悪化させないことが可能なケースも多いです。その一方で、逆まつげや角膜潰瘍など放置しておくと目の病気を誘発する原因があることも少なくありません。

今回は、鼻涙管洗浄の例をご紹介いたしましたが、その原因によって涙やけの治療は異なりますので、愛犬の涙やけが気になる方は、まず一度ご相談くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です