7月21日きずなのじかん「【パピー教室】歯磨きをやってみよう」

こんにちは、看護士の山野です。

第16回きずなのじかんには6組9名の飼い主様と、わんちゃん4頭(チワワ・トイプードル・フレンチブルドッグ・MIX)、猫ちゃん2頭(MIX)がいらっしゃいました。

ご参加ありがとうございました!

週替わりイベント【パピー教室】歯磨きをやってみよう

わんちゃん・猫ちゃんが長生きするために、歯磨きはとても大切なケアの一つです。歯磨きを嫌がらないための慣れさせ方や歯磨きの仕方をレクチャーしました。

ふれあい

今回のイベントではトイプードルのすみれちゃんと、フレンチブルドックのルーちゃんが初参加!

上手に挨拶できるかな?

元気いっぱいの二人ですが、少し緊張気味にご挨拶。積極的なすみれちゃんに、ルーちゃんは少し驚いたようにしながら匂いを嗅ぎ合っていました♪

2回目参加のMIX犬のリリィちゃん、前回に比べて動き回れるようになってきました。

少しずつ慣れていけるといいですね✨

猫の夢ちゃんと小夏ちゃんは、すっかり顔なじみで余裕の表情です。お互いの匂いを嗅いだり、マイペースにふれあいコーナーを動き回っていました。

歯磨きをやってみよう

いきなり歯ブラシを口に入れたり無理やり口を押さえてしまうと、歯磨きが嫌いになってしまいます。

少しずつ慣らしていくことで歯磨きに良いイメージが付き、飼い主さんもペットもストレスなく、毎日のケアとして習慣づけることができますよ♪

①口を触る

まずは口を触って嫌がらないかをチェックします。嫌がってしまう場合はまず、口を触りながらご褒美をあげて口を触られることに慣れさせましょう。

②歯や歯茎に触る

口を触ることに慣れたら、次は歯や歯茎を触ります。最初は短時間から行い、歯みがきペーストを付けて少し指で歯をこすっていきます。

③ガーゼでこする

ガーゼを指に巻き、歯をこすっていきます。嫌がる子もいるので、歯みがきペーストや、おいしいものを付けて少しずつ磨いていきましょう。

④歯ブラシで歯を磨く

歯石や歯周病を一番効果的に予防できるのは歯ブラシで歯を磨くことです。最初は歯にタッチすることから始め、一本ずつ歯を磨いていきましょう。長時間行うと嫌になってしまう子も多いので、短時間を何回かに分けての歯磨きをお勧めします。

歯磨きは小さいころから少しずつ慣れさせることが大切です。いきなり歯ブラシで磨くのではなく、ステップを踏みながら、その子に合ったペースで進めていきましょう。

上手にできたら褒めてあげてくださいね☆

動物病院でもデンタルグッズは取り扱っておりますので、歯みがきにチャレンジしたい方はお気軽にご相談ください。

ルーちゃんとすみれちゃんは最後に一緒にボール遊び!仲良しさんができるといいですよね✨

次回のきずなのじかん

8月4日のきずなのじかんは「【パピー教室】しつけの基本☆ハンドリングを学ぼう!」を行います。

飼い主さんとわんちゃんが良い関係を築くためにも、子犬ちゃんの時期のしつけはとても大切です。当日は「タッチ」や「ツイテ」の仕方をレクチャー致します。

お散歩やお出かけももっと楽しくなりますよ♪ぜひご参加くださいね。お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です